ゲームのクイズで思い出す

このページへの投稿も、すっかりごぶさたしていますが、
先日、こんなツイートをしました。

我ながら、分かるようで要領を得ない、思わせぶりな書き方ですけれど、
この『Board Game Quiz』を知ったとき、すっと思い出したものがあったのです。
それが「パズルのクイズ」という二十数年前の記事。

当時、パズル懇話会の機関紙に掲載され、残念ながら内容は公表できないのですが、
形式的にはパズル全般についての知識をテストしてみよう、という趣旨の記事でした。
それを書いたのは、作家として、コレクターとして、プロデューサーとして、
パズルの界隈を牽引していた芦ヶ原伸之さん。

彼の著作を読んだことがあれば、その語り口には独特の癖があることをご存じでしょうが、
その出題そのもの(マルバツ方式の100問)は実にスタンダードな内容ばかり。
もちろん、その前口上と解説には、いつものNOB節が染み出していて、
これはこれで読みどころがありました(紹介できないのが、もどかしい!)。

そんな記憶が飛び出してきたものだから、頭の中では「パズルのクイズ」を思い出しつつ、
「ゲームのクイズ」も面白そうだぞ、と感じていたのです。
と同時に、もし今「パズルのクイズ」を作るとしたら、どんな出題が考えられるか、
そんな思いも少々ありました。

結局はゲームマーケットへの参加があって、新作の準備で慌しいうちに自然消滅したのですが、
この際やってみようと思います。

少々マニアックなのは承知の上で、自分なりに作ってみたのが、次の問題。
すべてマルバツ方式です。さっそく、どうぞ。

【問題】
 1. ペントミノは裏返しによる区別が発生する最小のポリオミノだ。
 2. マーティン・ガードナーは楊枝を使うパズルを著作で取り上げた。
 3. 目付絵とは逆さ絵の一種だ。
 4. 素数だけしか使わない方陣が存在する。
 5. SBPとは内部空間のある組木の総称だ。
 6. 「リングキャッチャー」には輪ゴムが付いている。
 7. 「Burr Tools」は知恵の輪の難易度を比較するプログラムだ。
 8. 『The メカニカルパズル 130』には折り紙パズルが登場する。
 9. パズルの二大分類のうち、スローカム分類には「その他」の項目がない。
 10. 芦ヶ原伸之によるパズルコレクションの一部はNOBギャラリーが管理している。

まぁ、無理を承知で出題したものもあるのですが、いかがでしたか?
それでは、答え合わせです。

【解答】
 1. ×:裏返しの区別は4単位から発生する。ペントミノは5単位。
 2. ○:TantalizingToothpick TeasersがPerplexing Puzzles and Tantalizing Teasersにある。
 3. ×:逆さ絵とは直接に関係なく、一種の当てもの。
 4. ○:素数方陣は数多く発表されている。
 5. ×:Sliding Block Puzzleの略。いわゆるスライディング・パズルのこと。
 6. ×:金属製のリングとチェーンのみ。
 7. ×:組木を解析する目的で作られたもの。知恵の輪の難易度を比較する機能はない。
 8. ○:66ページを参照。
 9. ○:Hordern-Dalgety分類には「その他のタイプ」がある。
 10. ×:正しい名称は「JAISTギャラリー」のはず。

本家の出題にはかないませんが、自分の知らない分野への橋渡しになるような、
そんな気付きになったら面白いかなと思います。